2017年02月07日

押し花は自由研究にもできます

もともと押し花は
植物学者が標本を作る際にも用いられていた手法。

いかに本物に近い色合いで保存できるか
それを追求したカタチが現在の押し花文化だと思います。

去年の夏、お隣の小学生の女の子が
私が押し花をしているときに
「自分もやりたい!」と言ってくれました。

そこで一緒に押し花を押したところ
完成した押し花を自由研究で提出すると言って
画用紙に貼り付けて、花の名前を書いていました。

それを見ていて私は

たとえば、夏休みに自由研究のお手伝いで
小学生向けのカンタンな講座なんてやったら
結構いいんではないか?なんて
そんなことを考えていました(^ω^)


標本のようにするもよし
自宅の花を使ってなにか作品を作るのもよし
(で、その過程をまとめるとか・・)

いろんなことに応用できそうですねw
posted by マチ子 at 08:13| Comment(0) | 押し花のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

デモ・レッスンをしようと計画中

友人を招いて
押し花のデモ・レッスンをしようと考えています。

先生のお手伝いで体験講座に参加したことはあるけど
自分が主体となって・・というのはやったことがありません。

だから

講座のなんとなくの雰囲気は分かるけど
実際どうやって進行するのがいいのか
なにを作りたいか・・などなど

実際に友人に体験してもらって
感想を聞くことで、経験と自信につなげたい。


いずれ自宅で教室を開催しても良いと
夫も賛成してくれているので
そのイメージづくりのためにも
一度デモ・レッスンをやりたいのです。

夢に向かって、まずは一歩。


心配事を考えだしたらキリがないから
行動するのみ!(*^▽^*)
posted by マチ子 at 07:00| Comment(0) | 押し花のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

2017年の目標

ご無沙汰してます。
ずいぶん放置してしまいました。

今さらですが、駆け出し押し花インストラクターとしての私の2017年の目標です(^^;

・花育アドバイザーの資格取得

・近隣の老人ホームなどでの押し花出張講座

・作品を販売する

ひとつめの花育アドバイザーの資格は
3月に取得する予定になっています。

たとえば小学校の生活や社会科の時間帯などに
身近に花に接する方法を子供たちに教えることができるようになります。


ふたつめは
近隣の老人ホームでも簡単な講座を開きたい。

押し花を使って簡単な作品を作ることで
認知症の予防などにも効果があるそうです。
押し花セラピーですね( *´艸`)

お花に接することで
「昔、このお花をお母さんにあげたな」とか
「自宅の庭にこのお花が咲いていたな」とか
そういった記憶を呼び起こすのだそうです。


認知症の方の生活に小さな楽しみを届けたい。
そんな願いを込めて、開催できるよう行動をはじめます!


みっつめは、
ハンドメイドサイトなどで
少しずつ作品販売をスタートさせる。

「自分にはできない」と初めからあきらめては
開かれるはずの道も閉ざしてしまうかもしれない。

やったことないし自信はないけど、
「自信」は作るものだとも考えているから

初めてのことにも挑戦していきます!

posted by マチ子 at 16:03| Comment(0) | 押し花のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする